旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

仮想通貨の時価総額は右肩上がりで価格操作も行われている!?

暗号通貨

仮想通貨の時価総額は右肩上がりで価格操作も行われている!?

時価総額は1年で33倍になっている

2016年12月仮想通貨全体の時価総額は約1.7兆円だったのに対して、2017年12月には約58兆円と1年で33倍も膨れ上がっている。ものすごい速さで仮想通貨が普及しているのがお分かり頂けるかと思います。

今現在当たり前のように使っているスマートフォンも爆発的なスピードで世界中に広まりましたよね。それと同じように、仮想通貨も世界中で当たり前のように広がりつつあるという事です。

ビットコインなどの仮想通貨は発行枚数が決まっているため、保有者が増えれば増えるほど、残り枚数が減っていき、希少価値が上がるため、価格が高くなるのです。なので早くから持っている人は、持っているだけで価値が上昇して資産が増えるということです。

どうせ世界中に普及するなら価格が安いうちに買っておいた方が資産が増えるしお得じゃないですか?2020年の東京オリンピックのある頃には、世界中から来た人たちが、日本円を使わずに仮想通貨で買い物、公共機関、宿泊料金を払うようになっているかもしれないと言われています。

今から仮想通貨を手に入れても遅くない

今現在ビットコインの価格が1ビット200万円前後だからとても買えない!と思っているかもしれませんが、10円からでも買えるんですよ!0.000005ビットという単位になりますけどw

仮想通貨を増やすにはトレードをするのが一番早いのですが、初心者におすすめはしません。利益が出た時の税金の計算が大変です(;'∀')なので安い仮想通貨を買って持っているだけでいいのです。

とはいっても仮想通貨は6000種類あると言われていて、その内本物は500種類くらいです。残りは詐欺コインなので買わないようにしましょう。仮想通貨を買える取引所に上場しているコインは本物なので、取引所で買えばまず間違いはありません。

今銀行にお金を預けていても1年間で0.01%しか利息がつきませんが、仮想通貨はバブルなので持ってるだけで数ヶ月で何倍にもなってしまうのです。2016年8月にビットコインを25000円分買ったのですが、3ヶ月後には80000万円になりました。もし25万円分買っていたら80万円になっていたということです。ただ買って持っているだけで増えてしまうのです。

これは仮想通貨バブルの今だからこその現象なので少しでも仮想通貨に興味があるなら1日でも早く参入することをおすすめします。仮想通貨は下のリンク先の取引所で買う事が出来ますので。まずは無料口座開設してみてください。おすすめはコインチェックとビットフライヤーです。取引所によって買えるコインが違うので色々な取引所の口座開設をするのがベターです。

大暴落してもあわてて売らないでください

仮想通貨の世界では度々相場が大暴落することがあります。その度に不安になって売ってしまう人がいるのですが、相場が下がっている時に売るということは、買った時より価格が安くなっていることがあり損をしてしまいます。なので売らずに我慢してください。相場の変動がなかったら誰も稼ぐことは出来ませんので、変動が大きいということはものすごく稼げるということです。

暴落しても数日から数週間で元に戻りますので安心してください。むしろ暴落した後の方が価格が上がる傾向にありますのでラッキーだと思ってください。

なぜラッキーなのかというと、トレードしてる人たちは安い時に買って高い時に売るということを繰り返して利益をあげているので、暴落したら沢山のトレーダーが買い注文を入れるのです。結果的に暴落した以上に値上がりするということです。暴落しても惑わされずじっと待っていれば大丈夫です。

急激な相場変動の裏には価格操作してる人たちがいる

価格操作と聞くと違法なのでは?と思うかもしれませんが、それは株やFXの場合の話です。仮想通貨の世界ではまだ法整備が追いついておらず、価格操作やインサイダー取引が行われているのです。今の仮想通貨業界は無法地帯なのです。

仮想通貨大量保有者グループというのが存在し、狙ったコインが安い時に、相場が変動しない程度に買い込んでおいて、そのコインが今後価値が上がるという情報を流すのです。その情報に踊らされた一般人がそのコインに注目して価格が徐々に上がりだします。そのタイミングで大量保有者グループは一斉に爆買いするのです。すると価格は爆上げするので、それにつられるようにどんどん買い注文が殺到して、更に価格は跳ね上がるのです。

価格が上がれば当然売り注文が殺到しますので、大量保有者グループは一番に売り抜けて大儲けをするのです。なぜそんなことが出来るのかというと、大量保有者グループの1人当たりの売り買いする金額が100億円程だから簡単に相場が変動してしまうんですね。

金融機関のトップですら価格操作している


アメリカ大手銀行JPモルガン・チェース銀行のダイモンCEO(最高経営責任者)が2017年9月12日に「ビットコインは詐欺だ!社員で買ったやつはクビにする」などと発言したことにより、ビットコイン相場が大暴落しました。しかし次の日にはほぼ元通りの相場に戻りました。

JPモルガン


アメリカの大手銀行のトップの発言という事で、ビットコインはヤバイぞ?という噂が世界中に広がり大暴落に繋がりました。この時ダイモン氏は何をしたと思いますか?そう、ビットコインを大量購入していたのです!ダイモン氏は1日で約60億円稼いだのです。株やFXでこんなことをしたらご法度ですが、現段階での仮想通貨の世界では裁かれることはないのです。

日本人のビットコインが狙われた


ビットコインを保有している人の60%が日本人だと言われています。その日本人が保有しているビットコインが標的にされた価格操作もあったのです。ビットコイン保有者のほとんどの人が自動売買トレードをしているのですが、相場が下がりすぎた時にそれ以上損をしないためにロスカットという損切システムがついています。自動で売ってしまう機能です。

仮想通貨大量保有者グループはこのロスカットシステムを逆手にとって価格操作を行ったのです。日本人が寝静まった早朝4時を狙って、大量保有者グループが一斉にビットコインを大量に売って暴落させて、ロスカットシステムを誘発させたのです。

大暴落2


これにより更にビットコイン相場が下がり大暴落しました。大量保有者グループはこの時を狙っていたのです。ここで一斉に大量購入をしてビットコイン枚数を増やしたのです。2017年12月7日のことで、これも数日で相場が元通りになりました。日本人から約160億円搾取されたんです。

このように今は無法地帯ですがその内法整備も追いついてきてこの様なことは出来なくなるでしょう。相場の変動が大きければ大きいほど儲ける事が出来ます。法が整備されたらこんなに相場が変動することはなくなるでしょう。なので今が仮想通貨バブルと言われているのです。

バブルはそんなに長くは続かないのでまだ仮想通貨を持っていない人はこのバブルに乗り遅れないようにしましょう。


人気ブログランキング

1
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で